スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第2回 米粉Lesson♪ ~ヘルシーりんごタルト&カレースティッククッキー~
IMG_3109.jpg

第2回の米粉Lessonです(開催は10月だったのですが^^;)

 10月のメニュー
   ・ヘルシーりんごタルト
   ・カレースティッククッキー

IMG_3094_20141205133158e9c.jpg IMG_3093.jpg
IMG_3095.jpg IMG_3102.jpg

タルト生地はオイルを使ったノーバター。粉はもちろん米粉です(*^ー^)ノ
フィリングのアーモンドクリームには、豆腐を使用しておりカロリー大幅ダウン☆
何回か豆腐クリームに挑戦した事があるのですが、何度やっても豆腐臭さがとれなくてちょうど断念していた所だったんです。なんてタイムリ〜ありがとうございます。

IMG_3110.jpg

焼きあがったら、そ〜っと型から外しミントを飾って完成です( ^ω^ )。

IMG_3096.jpg

カレースティッククッキーは先生のデモンストレーション。
米粉とカレー粉を使った甘くないお菓子なので、おつまみに良さそう

Lessonが終わるとお待ちかねのLunch Time

IMG_3097.jpg

レッスンよりこっちが楽しみだったりして(笑)。

IMG_3103.jpg

大きなロールキャベツに

IMG_3104.jpg

かぼちゃの和風マリネ。

IMG_3106.jpg

チョコチップのスコーンに米粉パン。
米粉パンとってもモッチモチです
『小麦粉を使わないからなかなか高さがでないのよねェ』と先生。
米粉のパンを作った事はないのですが、やっぱり米粉は扱いが難しいみたいです。
今度は米粉パンも習いたいナ(^ー^)ノ。

IMG_3098_20141205133251ef3.jpg

可愛いtea set

ハラヘリの私はロールキャベツのおかわりまでしてペロリ
自家製の豆乳パンとライ麦パンを購入して、第2回目の米粉レッスン終了です。
人生初のタルト。タルト型を買いたくなっちゃいました^^。
豆腐クリームも習うことが出来て、家でいろいろと応用出来そうです。
今回とっても役に立ち、癒された素敵な時間でした
TAMAKO先生ありがとうございます


これだけ食べておきながら....read moreへ続く


スポンサーサイト
第1回 米粉Lesson♪ ~かぼちゃのケーキ&よもぎのあずきサンドスコーン~
IMG_2864.jpg

先月から、米粉を使ったお菓子教室に月1で通っています。
TAMAKO先生のブログ『TAMAKOの米粉スイーツと自家製酵母のパン』

9月のメニュー
   ・かぼちゃのケーキ
   ・よもぎのあずきサンドスコーン

IMG_2854.jpg IMG_2870.jpg
IMG_2871.jpg

 かぼちゃのケーキは1人1台つくってお持ち帰りです^^。
 米粉を使ったの量はほんの少し。ほとんどかぼちゃって感じのケーキ。
 体に良さそう~

 ↓↓こちらは、よもぎのあずきサンドスコーン。

IMG_2857.jpg

よもぎの香りが漂っていました。粉はもちろん米粉
あんこは先生の自家製あんこ。とってもおいしいんです

IMG_2861.jpg IMG_2863.jpg
IMG_2865.jpg

スコーンは先生が作るデモンストレーション式。私たちは食べる専門です(笑)

作り終わったらテラスに移動してランチTime~くふふふ、待ってましたぁ。

IMG_2866.jpg

ランチは、ごぼうとセロリのサラダ、豆腐のグラタン、プレーンスコーン、かぼちゃのミニケーキ、紅茶を頂きました。

IMG_2867.jpg

素敵でしょう

IMG_2876.jpg

テラスと言っても外に出るのではなく、ガラス貼りの温室みたいなテラス
だから閉鎖的な感じがなく、太陽光も入って来てとっても気持ちがいいんです。

IMG_2869.jpg

こんなところで主人とブレックファーストなんて出来たら...
と思ってしまう私←週末しか朝ごはん作ってないでしょ(-""-;)!コラっ。

まぁ、それはおいておいて
かぼちゃのケーキは冷やして翌日食べた方がおいしいんだとか。
なので冷蔵庫に入れておいて後日食べました。

IMG_3963.jpg

確かにしっとりしてました

IMG_2891.jpg

彼も美味しい美味しいと言ってペロリと食べていました
あれっ?よもぎのスコーンの写真がない...??
レッスンが終わったその日、スコーンをテーブルの上に置いておいたんです。そしたら、彼がそのスコーンを見つけ、かばんに入れて会社に持って行っちゃったんです何も言わず。
私食べてない...

レシピはある事だし自分で作るしかないかしら?うぅ(T▽T;)。

LE CREUSET de Cooking ~12月~
写真 1

年末の話なのですが、友人に誘われてLE CREUSETの料理教室に行って来ました。

友人は何回か行った事があるようなのですが、私は初めてで楽しみでした^^。

写真 3

年末12月という事で、メニューもテーブルコーディネートもクリスマス~って感じでした

私も友人も日本人。日本人らしく(?笑)予定よりかなり早めの到着。確か25分位早く着いちゃったかな?←それはむしろ迷惑では?スタッフさんが、手持ちぶさたの私たちにコーヒーを入れてくれました。

写真 4

LE CREUSETの教室なので当然と言えば当然なのですが、お皿、コップ、使用する鍋、ヘラ等...ぜ~んぶLE CREUSET。ボールペンまでっこんなにLE CREUSETに囲まれる事も中々ないこと。興奮しちゃいました(笑)。

写真 2

↓このガトーショコラは今回のレシピにはないものでしたが
『食後に』と用意されていましたо(ж>▽<)y。何て粋なはからい

写真 5

料理教室の方法は、先生が目の前で1人で作り生徒はメモしていくデモンストレーションのみの方法。

メニューは
  ・キノアのサラダ
  ・焼き野菜のタイム添え
  ・ほうれん草とベーコンとトマトのカネローニ
  ・牛肉のロースステーキ ルッコラ添え

 <キノアのサラダ>
写真 24 写真 14
写真 15

キノアを炊いて、野菜やドレッシングと和えたサラダです。キノアは穀物の一種らしくたんぱく質が豊富だそうです。

 <焼き野菜のタイム添え>
写真 8 写真 13
写真 17

大ぶりに切った野菜をオーブンで焼きます。手前にある大きな野菜はにんにく皮付きのまま横半分に切ってあります。にんにくの中央にあるの芽の部分は食べていいんだろうか?皆さん普通に食べていたけど、私と友人は怖かったので、取り除いて食べました一応...(汗)。

 <ほうれん草とベーコンとトマトのカネローニ>
写真 9

写真 10 写真 11
写真 19

ラザニアのような生地を茹でて、トマトソース、ベーコン、茹でたほうれん草、チーズを巻き巻き。それをオーブン皿に並べて行き、たっぷりのチーズをのせてオーブンで焼きました。

 <牛肉のロースステーキ ルッコラ添え>
写真 16

写真 18

塩コショウで肉を焼き、パルメザンチーズを削ってのせ、仕上げはバルサミコ酢ソースであつあつのうちに食べたい~(゜▽、゜)。

全部揃ったところで、お食事Time~

写真 20

今回はクリスマスという事で特別にワインも用意して頂きました~
日本人は私たち2人だけで、授業はもちろん韓国語。
2年位前に料理教室へ通った事がある私ですが(日本人は私だけ)、その時は韓国語を聞いて理解するというより、先生の動作をひたすらメモっていた私。メモメモ~(汗)!!その時と比べると、聞いて理解する度合いが高くなったような気が...!?
と言っても3年もいるんですからね、当然か(^▽^;)

写真 22

レシピにはなかったのですが、前菜もありました↓↓。

写真 6

このドライトマト(半生タイプ)も先生が作ったそう。
料理はどれも美味しく、真似したいものばかりでした。あっ、ステーキは予算的に...でも『キノアのサラダ』。これは本当に家で作りたいナ~。マシッソッソヨ^^。授業用の料理以外に、前菜、デザート、コーヒー、ワインまで用意してもらっていいのかな...と恐縮しちゃうくらいでした。やっぱりおまけ大国の精神から(笑)?

誘ってくれたKちゃん、本当にありがとう☆。とっても楽しかったよ~(*^▽^*)

ブログのバナー←ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります☆

なんちゃって☆料理教室 ~韓国料理編~
第2回目は韓国料理でした。

 友人のご主人は韓国の方。そう、私たちお互い日韓カップルなんです(*^▽^*)。
 韓国のマートの魚売り場に行くと、切り身タイプよりぶつ切りタイプの魚が多く並んでます。そして「どうやって料理するの?この魚」と日本で見ない魚もたくさんあって、韓国にいると魚料理から遠ざかってしまがち。なので2回目は魚料理にしてみました。とチヂミ^^。
 この時は冬だったので、旬だった「カルチ(魚)」と「パレ(海草)」を材料にチョイスしました。旬を知っておくと便利だし、そして何より旬の食材が美味しいし

パレで2品
IMG_2548.jpg

                     『パレのチヂミ/파래전』

 チヂミの中に牡蠣が入ってます。こちらも冬が旬ですね。パレは日本だと何だろう?あおさ?でもちょっと雰囲気が違うような...?日本にはないのかな?う~ん(。・ε・。)。日本では「チヂミ」という言い方をしますが、韓国では「ヂョン/전」の方が一般的かな?


IMG_2549.jpg

                     『パレのムチム/파래무침』

 シオモニからはコチュヂャンベースの味付けで習ったのですが、今回のレシピはお酢ベース。コチュヂャンベースは私にはちょっと...だったので(汗)。でも悪くないんですよそれにこっちの方が一般的みたいです^^;。


IMG_2550.jpg

                    『カルチのチョリム/갈치 조림』

 冬の韓国の食卓では、よく出てくる料理。毎回、友人にあらかじめメニューの告知をしているのですが、このカルチの料理があることを聞いて友人のご主人は喜んだとか。韓国ナムジャの胃袋をつかむ(笑)?この魚と大根を一緒に煮るのですが、『この大根がいい』らしいです、ご主人曰く。そうなんだぁ。そんな重要な存在だったのね、大根ちゃん(笑)。カルチとはたちうおの事です。唐辛子粉も入ってますが、サムジャンをベースにしているので甘めの味です。ちょっとだけピリってするって感じで、ご飯がすすみます^^。

 いつも多めに作って、残りをお土産にしてもらってるのですが、今回はドキドキしました。日本人が作った韓国料理。それをご主人が口にしてもいいのか~(><;)と!

 結果、合格を頂きました~。ご主人、おいしい、おいしいと言って食べてくれたそうです。よかったぁ

ブログのバナー←ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります☆

なんちゃって☆料理教室 ~和食編~
2013年に入ってちょこっとだけ始めた事がありました。
恥ずかしいんですけど、それは料理教室(///∇//)。
きっかけは友人から(日本人女性・既婚)から「料理を教えて欲しい」と言われて。でも、私の料理なんて料理本かネットを検索したら出てくるものが大多数で、オリジナル料理なんて数えれるくらい。教室を開く意味なんてあるのかな?
「本やネットに書いてある通りに作ればいいんだよ~(^▽^;)」
と言ったのですが、友人曰く
「一緒にやる事に意味があるの
という事らしいです本当にいいのかな?って思いつつ...

始めるにあたって

   ①オリジナル料理もあるけどそうでないものもあること
   ②韓国料理についてはシオモニから習ったものが多い事(なので釜山の味になる)

この2点を了承してもらいました。①が情けない...(-。-;)。
一応アレンジしてやろうとは思っているのですが、私のアレンジレベルなんて10~30%程度だし...。友人からは「全然OKだよ~。」と言う返事をもらえたので、じゃあやってもいいかな?ってスタートしました。でもドキドキ。 
 友人からの要望は「基礎の基礎でいい。おもてなし料理じゃなくて、普段食べるような家庭料理からやりたい」と言うことなので、韓国ですが和食から(笑)。

IMG_2541.jpg

                       『黒豆ごはん』


IMG_2539.jpg

                      『いかと大根の煮物』


IMG_2540.jpg

                      『超簡単☆捨てずに大根サラダ』
                  
                 ↑ネーミングの意味は作れば分かるんですがA=´、`=)ゞ


 特別な料理でもないし人に教えるレベルでもなくて、ちょっと恥ずかしいのですが、とりあえず3品作りました。一緒に料理するの楽しかったぁ^^。生徒1人(笑)!料理教室なんて言ったらおこがましいのですが、記念すべき第1回目でした。

ブログのバナー←ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。