スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お茶の入れ方 in Korea
ソルラル(正月)に彼の実家に帰った時、オモニムが
「お茶飲む?」
と言ってお茶を入れてくれました。

IMG_3970.jpg


韓国のお茶は
   
    ・砂糖or蜂蜜で漬けた物に湯を足して飲むお茶(柚子茶、なつめ茶、メシル茶…)
    ・穀物のお茶(麦茶、コーン茶…)
    ・根や種を煎じて飲むお茶(トゥングルレ茶、キョルミョン茶、人参茶…)
    ・茶葉のお茶
        ・
        ・
        ・
    などいろいろあります。

日本では「お茶と言えば茶葉から入れるお茶」を想像すると思うのですが、
韓国ではお茶の種類がたくさんあり、また「ほっこりする」とか「落ちつく」ために飲むと言うよりは
健康のための飲み物というイメージが強いような気がします。
オタクの私にはそそられる環境です(´∀`)

今回オモニムは茶葉のお茶を入れてくれました。
急須も湯のみも小さくて、中国茶器みたい。

↓急須の奥にある(茶漉しがかかっている)器は「湯ざましかな?」っと思っていました。
IMG_3968.jpg

でも違うみたいです。

<韓国茶の入れ方>
 ①急須に茶葉とお湯を入れたら、まず(湯ざましと思っていた)この器に注ぎます。
IMG_3975.jpg

 ②次に、この器からそれぞれの湯のみへと注ぎ分けます。
IMG_3972.jpg

 ③完 成~☆
IMG_3973.jpg

あの湯ざましの様な器にどうしてまず一度入れるのかは、よく分かりません。
濃度を均一にするため?飲みやすく冷ますため?質問すればよかった。
急須に注ぐお湯は熱いお湯でした。
「所かわれば....」です(・ω・)!

コメント:
コメント:する









トラックバック:
トラックバック URL
→http://himawari815.blog.fc2.com/tb.php/17-df1bfa0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。