スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Hugの力
20160504143451e2b.jpeg

この間の訪問教育の授業は「Hug」がテーマでした。

1995年10月にカイラとブリエンという双子の赤ちゃんが1㎏に満たない状態で生まれました。またブリエンには心臓に問題がありました。医者はなす術がないと諦めていたのですが、看護師が2人を同じインキュベーターの中に入れてみた所、カイラが手を伸ばして心臓の悪いブリエンを抱いたのです。その瞬間からブリエンの症状はどんどんと良くなり、2人とも今も元気に育っているという話。

201605041434534ac.jpeg

「Hugには説明出来ない力があります。たくさんHugをしましょう」と先生。ふむふむと聞いていると、
「子供に対してはたくさんHugをしていると思うので、ナンピョンにしてあげてね^ ^」といきなり宿題を出されました!(◎_◎;)。丁寧にHugの種類が書かれています↓↓↓

201605041435015e8.jpeg

ナンピョンは口数も少なく愛情表現もあまりしない釜山ナムジャなんですが、私も負けじとそういう事をしないタイプで…これはかなり酷な宿題ですΣ(ω |||)

男性は、任される仕事が多くなり、また中間管理職という精神的にも疲れ始め、女性は子育てで手一杯。互いに余裕がなくなり配偶者を思いやるのを忘れがちになる世代なので、この宿題はして欲しいものなんだそうです(汗)。

2016050414345318e.jpeg

とりあえず1回はクリア
予想通り「何ごとΣ(゚Θ゚)❓❓」のナンピョン。だよね(汗)。宿題とは言いませんでしたが。
「来週までにどれだけ出来たかを楽しみにしてるわ」という言葉を残して先生は帰って行きました。先生、意外とサドでした…。
こ来週までに何個チェックがつくのやら…うぅ(泣)。
関連記事
スポンサーサイト


05/05. 00:09 [ Baby ] CM0. TB0 . TOP ▲
コメント:
コメント:する









トラックバック:
トラックバック URL
→http://himawari815.blog.fc2.com/tb.php/209-99551921
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。