スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Mr.KEBAB in 梨泰院(イテウォン)
トルコの友達と梨泰院(イテウォン)でトルコ料理を食べに行きました。
彼女とは学校で同じクラスでした。トルコの人たちはお客さんを家に招待することが好きなようで、彼女たちの家に行ってトルコ料理を食べさせてもらった事があります。いつかそれも書きたいと思ってます。
「今度は外でトルコ料理を食べようね。案内するから」
と今回ついに実現しました~^^。

IMG_1354-001.jpg

私は梨泰院に初めて来ました(笑)。聞いてはいましたが、外国人多いですね~。私も外国人ですねフフフッ
外国の店もいっぱいでキョロキョロしちゃいます(笑)。

IMG_1358.jpg

ケバブの店に行きました。お店に入ってすぐの所に回転しながら焼いているケバブが2種類あります。オブジェじゃないですよ~。ここから削ぎ切りして作ってくれます。

IMG_1370.jpg

牛肉のケバブを注文しました。ドリンクとセットで6000ウォン位だったかな?

IMG_1361.jpg

友人は普通にコーラを頼んでいましたが、私はコレ↓。
IMG_1360.jpg

トルコの伝統の飲み物で「アイラン」といいます。無糖ヨーグルトに水と少しの塩を入れてある飲み物だそうです。初「アイラン」です。楽しみ~。一見「飲むヨーグルトみたいな味かな?」と思ったのですが、それとは全く違って甘さはなく(無糖ヨーグルトだし)、乳酸菌の酸っぱさがあり、そして塩味もあり、水が意外と多く入っているのかヨーグルトの味は強くなく...表現が難しいんですが「酸っぱしょっぱい」という感じでしょうか?苦しいナ伝わらないですね^^;。私は塩味の飲み物に慣れてないせいかゴクゴク飲める感じではなかったです。私のアイランの進みが悪いせいか「他の飲み物頼もうか?」と友人が何度も確認して来ました。ごめんよ~。そんなつもりはないんだよ(>~<)ゞ。でも好きな人は好きかもしれない味です。健康的だし(・∀・)←重要。これを飲むときはセットの価格にプラス2000ウォンでした。

IMG_1365.jpg

ケバブなんですがおいしい~。牛肉の脂肪がない部分を使っているけど、パサパサした感じはなく、ソースや生野菜と牛肉がマッチしていますヾ(@^▽^@)ノ。見た目は「足りないかな?後で追加しようか?」と思ったけど意外と十分でした。友達がお店の人と仲がいいみたいで、ポテトや紅茶もサービスしてくれたと言うのもあるかも。Thank you、ハティジェ(←友人の名前)。

店内の様子
IMG_1368.jpg

トルコの食品も少しだけ販売しているようです。お茶とか、キャンディとか。
店員さんはみんなトルコの人たちです。みんな面白い人たちでした。

IMG_1369.jpg

↑「写真撮って~」と言われたので1枚カシャッ!撮った後に「じゃあ、10000ウォン(モデル料)」と言われました(笑)。高いよ~(´∀`;)。トルコの人たちは陽気な人が多いのかな?ここの人たちがそうなだけ?終始こんなテンションで、次にトルコアイスを食べたのですが、そのアイスをなかなか渡してくれず、ずっと私たちをからかっていました。でも面白かったですo(^▽^)o

トルコ料理屋に来てトルコアイスを食べない訳には行きませんよね!
       ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
IMG_1367.jpg

IMG_1375.jpg

この店は、バニラ、キャラメル、チョコレート、ストロベリーの4種類がありました。

私は、チョコレート&ストロベリー(私のはあまりのび~る感じがなかった)
IMG_1382.jpg

友人は、バニラ、キャラメル、ストロベリー(こっちはのび~る感じがあったのに)
IMG_1384.jpg

お互い交換し合って食べたのですが、キャラメルがオススメです☆値段は2500ウォン位です。2種類でも3種類でも値段は一緒だったのかな?実はよく分かっていない(-。-;)。この店はトルコ語か韓国語が通じるのですが(英語もいけるかも)、友達が店のおじさん達とトルコ語で話すので、イマイチ経緯が分かっていなくて。何がいくらなのか(笑)。

客層は、外国人(主にムスリム)60%、韓国人40%と言ったところでしょうか。4人掛けのテーブルが2つ、6人掛けのテーブルが1つ、カウンター席(6人位?)と小さなお店です。長居する雰囲気がないので、もし満席でも少し待てばすぐに席が空きます。もちろんTake outもOKです。

お店は梨泰院駅4番出口を出て、直進30m程の右手にあります。


ご飯を食べてお互いの近況を話し合ったら、すぐ近くにあるイスラム寺院へ行きました。
IMG_1386.jpg
↑イスラム寺院の門(電線が邪魔~!)

IMG_1388.jpg

素敵でしょすごくきれいな寺院です。真っ白な建物が堂々とそびえたって、神聖な空気が漂っていました。雑踏とした町の中に存在しているなんて忘れてしまいそうな位ここだけ別世界でした。さっそくは中に入ることに^^。

中に入ってお参り(違いますね、礼拝)しようと中央の階段へ近づくと
「こっちだよ」と階段下の通路を案内されました↓。  (あっ、ハティジェ^^)
IMG_1393.jpg

「男と女では礼拝する場所が違うから私たちはこっちから入るんだよ」と。
真正面にある階段をあがると男性が礼拝するところに入ってしまうんだそうです。あんなに素敵な建物なのに、女性はあの階段を登って真正面から入れないんだと少し胸が痛くなりました。
ムスリム(イスラム教徒)の彼女にとって、こういった事は幼い頃からの習慣になっていて、あまり何も感じていないように見えました。実のところ、彼女にちゃんとしたそういう質問をした事はないので、実際はどう思っているかは分からないのですが...。いつかちゃんと聞いてみようと思います。

 
IMG_1395.jpg

 彼女もここへ来るのは久しぶりだと言っていました。モスク(礼拝堂・寺院)で礼拝するのは基本は男性で、女性は家でするものだそうです。礼拝は1日5回。今日はもう2回したそうです。モスクの中に入り「私も礼拝していいの?」と聞くと「もちろん」との返事が。彼女の動作を真似て礼拝をしました。真の信者じゃない私が礼拝するのは本当は不謹慎かもしれません。でも、はしゃいだ軽い気持ちでした事ではなく、厚い信仰心がない私でも、日本で神社や寺に行けば自然と手を合わせてしまうように、しんっとしてかつ堂々とたたずんでいるこのモスクに入った時これに近い感情を持ちました。

 驚いたことにモスクで礼拝を一緒にした後、彼女の方を見ると泣いていました。号泣ではなく涙がこぼれる程度でしたが。彼女は「国も違って言葉も違って文化だって宗教だって違うのに、こうやって横に並んで礼拝している事が不思議で何だか涙が出た。」と言いました。彼女にとって宗教と言うのがどれだけ根付いているのかを実感した瞬間でした。と同時にとても純粋な子だと感じました。


礼拝した後は、モスクの近くにある輸入食品店に行きました。輸入食品店と言ってモスクが近くにあるためか、ムスリム(イスラム教徒)が購入できる食品を扱っている店が多いです。
↓トルコ語
IMG_1408.jpg

↓アラブ語
IMG_1407.jpg

トルコの人が全員アラブ語を読める訳ではないですが、彼女はコーランを読むために勉強してアラブ語を話せないけど読めるそうです。私ももっと韓国語を頑張らなくてはっ!

IMG_1409.jpg

↑オーガニックのジャム。瓶が可愛い~(≧∀≦)。迷った末買わなかったけど、やっぱり買えばよかった。私ってそういうの多いナ^^;

IMG_1406.jpg

お祈りで使うもの。これも売っています。長いので首に掛けるのかなと思ったのですが、日本の数珠のような感じで手に握って使うのだそうです。


↓2枚の写真の共通点分かりますか?
IMG_1402.jpg

IMG_1404.jpg

 正解は「HALAL(Halal)」という文字です。
 これは「ムスリムでも食べれますよ」というしるしだそうです。ムスリムは豚肉を食べる事ができません。有名ですね。そして豚以外では、お祈りが行われ神の下で屠殺された肉なら食べれる事ができます。一般の肉は食べられません。なので、ムスリムにとって海外での外食はかなり気を使うそうです。この「HALAL(Halal)」が書かれているものは、豚肉を使用せず、そしてちゃんと祈祷した肉を使用しているというサインなのだそうです。こうやってレストランや食品にも掲示してあって、口にしていいかどうかを判断しているのだとか。
 彼女は韓国で生活をしていながら、韓国料理を食べた事がほとんどないと言っていました。当然ですよね、祈祷した肉を使用しているはずがありませんから。ほとんど自炊をしており、自炊で肉を使う時は梨泰院まで来なければ肉(祈祷済みの)を買う事ができないので、韓国では肉を食べる量が減ったと言っていました。
 海外で生活しながら、その国の食事をあまり口にできないなんて考えたこともなかったので少し衝撃的でした。

IMG_1411.jpg

↑彼女が好きなお菓子(笑)。グミを細く長~くした感じのお菓子。買っていました^^。
グミなんてここじゃなくとも韓国のお菓子にだってありそうな感じですが、ゼラチンを使っているから韓国のものは買えないんだそう。そうか、肉そのものだけでなく、ちゃんと祈祷された動物から作られた製品を使用しているのかも気をつけないといけないのか(。・д・。)。

トルコでポピュラーなお菓子
IMG_1405.jpg

友達が買って私にくれました。ありがとう。本当に優しい
家でコーヒーを淹れてさっそく食べました(*^▽^*)

ダッフィー&ミッキー。ディズニーづくし(笑)。
IMG_1416.jpg

いちごのクリームがサンドしてあります。

IMG_1418.jpg

クッキーがさくさくしていて、クリームも甘すぎず程よい甘さ外国のお菓子って甘すぎるって事があるのですが、このお菓子は本当にちょうどいい甘さです(^∇^)。しかも、このお菓子で気に入ったのがもう1つ。開封したらクッキーが全部出てくると思っていたのですが↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

IMG_1421.jpg

↑こんな感じの小包装されたものが3つ入っていて、すご~いと新鮮な気持ちになりました。食べ切りサイズに小包装してある外国のお菓子にあまり出会った事がなかったので(日本は結構ありますよね)、感心しちゃいました^^。おいしかったです

梨泰院にはまだまだいろいろな国のお店があるので、また来てみたいです。

コメント:

ケバブおいしいですよねー。日本にいる時に
旦那が好きでよく食べていました。
伸びるアイスもおいしいですよねー
世界3大料理にトルコ料理は入っているって聞いた事があります。
でもちゃんとした物って食べた事がないので1度ためしてみたいなと。
---------- tasukesan. URL│03/22. 08:37 [ 編集 ] -----
tasukesanさんへ
おいしかったです~。
そう、私も世界3大料理の1つって聞きました。
トルコ料理ってどんなのかなかなか想像できずにいて、
ケバブもトルコ料理だったのかっと今回初めて知りました(^^;)
---------- ひまわり. URL│03/22. 17:37 [ 編集 ] -----

すごく濃い内容にびっくりしました。^^
韓国でもこんな世界があったのですね~。

ケバブは昔、ワーホリでNZに滞在していた頃、よく食べてました。^^
結構、トルコ人って世界に出てるのかしら~?

このモスク、とても大きそうですね~、すごく立派☆
それに、美しい白色で、私の持つモスクのイメージと全然違いました。
ここに案内してくれたお友達、本当に素直で純粋な方ですね。
心が澄んでいるのがひまわりさんの文章から伝わってきました。
いいお友達をお持ちですね。

韓国といえども海外で生活するって大変なことだと思います。
そんな時、こんなお友達が近くにいたら心強いですね。

これからも、ひまわりさんのブログ、楽しみにしています。^^
宜しくお願いいたします!
---------- picchuko. URL│03/26. 07:22 [ 編集 ] -----
picchukoさんへ
濃い内容だなんて!!全然っ。
友人から聞いて話を書いただけです><
私はかなり無知なので、普通の人以上に関心してしまっている気がします^^
それって常識でしょ?って思われてるかもです(汗)。

韓国にこんな本格的なモスクがあるなんて私も1年滞在してますが
知りませんでした。彼女のおかげでモスク内にも入れました。
本当に感謝です。

私のブログは韓国での生活日記的な意味合いが多いので、ひょっとしたら
つまらないかもです^^;。picchukoさんのブログで妄想旅行します(笑)☆
---------- ひまわり. URL│03/26. 08:45 [ 編集 ] -----
コメント:する









トラックバック:
トラックバック URL
→http://himawari815.blog.fc2.com/tb.php/37-98c716ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。